【誕生5周年限定モデル】iron-stove 改

【誕生5周年限定モデル】
iron-stove 改

本体価格¥52,800 + 税

オンラインストアで購入する おかげさまで完売致しました

tent-Mark DESIGNSのアウトドア用薪ストーブ「iron-stove」の誕生5周年記念モデル。
WILD-1全店にて100台限定販売。(WILD-1オンラインストア含む)

  • ●高さ:
    収納時:約120mm 組立時:約470mm
  • ●幅:
    収納時:約550mm 組立時:約750mm
  • ●奥行き:
    収納時:約330mm 組立時:約380mm
  • ●煙突径:φ106mm
  • ●重量:約21kg
  • ●本体板厚:
    天板・底板:2.0mm 側板:1.2mm
  • ●材質:本体:鉄 窓:耐熱ガラス
  • ●付属品:エビ曲り煙突
  • ※煙突はエビ曲り煙突のみ付属しております。それ以外の部品は市販品(106cm径 煙突)を別途お買い求めください。
  • ※煙突以外の付属品は全て本体に収納可能です。

Made in Japan

「ガラス付側面の収納について」

取り扱い説明書の順番で収納がきつい場合がございます。その場合はガラスのある側面を写真のように収納してください。

【tent-Mark DESIGNSの製品第1号として登場したアウトドア用薪ストーブ ”アイアンストーブ”】

WILD-1キャンプ場「ワイルドフィールズおじか」の倉庫奥から出てきた米国製の携帯薪ストーブを元に、いくつもの試作品を作りだし、試行錯誤の末生み出されたこの薪ストーブは発売以来、一年中キャンプを楽しむヘビーキャンパーや、屋外作業時にガーデン用の薪ストーブとして使用されるDIY愛好者、冬も野外でバーベキューを楽しむBBQ愛好者等、多くの方にご好評を頂いております。

薪ストーブとしての基本性能、アウトドアユースでの携帯性、オーブン料理も可能な利便性、何よりも黒く耐熱塗装された鉄製の重厚な本体と、耐熱ガラスから覗く薪火の揺らめきは古き良きアウトドア・スタイルを思い起こさせます。

  • 限定モデル特別仕様/ガラス窓の付いた側面板
    (1枚のみがガラス窓仕様ですが、どちら側にも取り付け可能です)
  • ●本体の天板・底板にエンボス加工(くぼみを9カ所)を施し、ねじれに対する強度を高めています。
  • ●煙突の吸い込みをコントロールするダンパーは、煙突からの吸い上げによる排気熱を抑制し、本体に熱がこもって暖かくなる効果と薪の燃えすぎを抑制します。
  • ●蓋の耐久性を高めるため遮熱板を採用。

スタッフレビュー

【寒いシーズンの野外活動に大活躍の薪ストーブ】

秋~冬の気温の低いシーズンは庭で使ったりキャンプで使ったり場所を選ばず活用しています。
自宅の庭ではピザを焼いたり焼き芋を作ったりともっぱら食べる事に使い、夕方暗くなってからは炎を見ながらお酒を愉しみました。

キャンプで使うときはお湯を常に沸かしておくのに重宝します。朝起きたら火をいれてずっとお湯を沸かしておくとコーヒーはもちろん洗い物でお湯を使うこともでき、夜に寝るときのための湯たんぽ作りにも便利です!
もちろんダッチオーブンを載せても平気なので煮込み料理には最適です。

プチ情報ですが意外と暖かいのは煙突のところです。
みんな炎見たいので前に行きますが私は「どうぞどうぞ」といって譲ります。
そして煙突の所に場所を確保するのは言うまでもありません(笑)
焚火と違って煙突を座った時に頭より上に出しておけば風向きで煙の移動と同時に座る場所を変える通常の焚火と違って移動しなくても快適に暖がとれるのも良いところです。