TARP

Takibi-Tarp TC wing

Takibi-Tarp TC wing

タープの下で焚火ができる!雨の日も大好きなたき火をゆっくり楽しめます。前後対称、全長5.8m×幅5.6mのビッグサイズ設定。ファミリーやグループキャンプに対応。幕体素材に耐久性が高く風合いの良い、ポリエステル×コットンを混紡したT/C素材を使用。オプションの難燃シートを使用する事により、タープ下での焚火を楽しめます。・幕体のベージュカラーは遮光性が高く、真夏のキャンプ場でも快適に過ごせます

¥24,800+ 税

Takibi-Tarp Cotton Recta

Takibi-Tarp Cotton Recta

焚き火タープはその名の通り、タープ付近で焚火をする際に舞った火の粉から幕体の穴あきを減らすため、コットンを使用。少し重量が増しますが、耐久性が高く火の近くでも安心して張ることが出来ます。「焚き火の小さな炎の揺らめきを眺めながら、満天の星空の下語りたい」 そんな野営の楽しみを存分に味わえる最良のレクタタープです。

¥36,800+ 税

Takibi-Tarp Cotton SOLO Recta

Takibi-Tarp Cotton SOLO Recta

焚き火に強いコットン素材 火の粉による穴があきにくいレクタタープ。ゆらめく炎を眺めながら静寂を楽しむ。そんな野営の楽しみを存分に味わえる最良のタープです。フィールドに合わせて様々な張り方が可能。コットン特有の風合いを楽しんでいただくため漂白などはしておりません。種子や色素等がにじんで筋のように見える場合がございます。自然素材特有の経年をお楽しみください。

¥17,900+ 税

ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

堀田貴之氏プロデュースのウイングタープ “TULSATIME ムササビウイング” がtent-Mark DESIGNSとのコラボレーションで待望の復刻!美しくカーブを描く独特なタープ形状と、ソロ~少人数の使用に最適なサイズで好評を博しながらも絶版となっていた伝説のウイングタープ“ムササビウイング”が「日本のアウトドア」をテーマに掲げるtent-Mark DESIGNSとのコラボレーションで蘇りました。焚き火バージョンはその名の通り、タープ付近で焚火をする際に舞った火の粉から幕体の穴あきを減らすため、本体素材にポリエステル×コットンの混紡生地を使用。少し重量が増しますが、耐久性が高く火の近くでも安心して張ることが出来ます。「焚き火の小さな炎の揺らめきを眺めながら、満天の星空の下眠りたい」そんな野営の楽しみを存分に味わえる最良のウイングタープです。

¥16,800+ 税

ムササビウイング13ft. “Traveling light”

ムササビウイング13ft. “Traveling light”

旅へ出るのは、軽くなりたいからなんだ。「男は、自殺するかわりに旅へ出る」といったのは、ハーマン・メルヴィルの言葉をもじった開高健だった。放浪への思いやまない男たち(女たちも)のタープ、ムササビウイング。ますます人生を素敵に踏みはずために、ウルトラライト・バージョン“Traveling light”の登場です。バックパックの片隅にこれを押しこんで、気軽に出かけてください。なんたって、「いい人間は天国へ逝く。軽い男はどこへでも行く」てな言葉もあるんだから(これはぼくが作った言葉だから、あんまり有名じゃないけど)。

¥16,000+ 税

マンタタープ

マンタタープ

アウトドアコーディネーター小雀陣ニ氏プロデュース spurvシリーズから新たにタープが発売!キャンプやカヤックなどでタープを必要とするシチュエーションは、日除けや雨、風除けなどの天候下。キャンプには不可欠な道具。このマンタタープの最大の特徴はメインポールが基本3本ということ。ウイングやヘキサタープのように左右の屋根が落ち込み低くならず快適。生地厚、耐水圧は、使いやすさと持ち運びのしやすさを考慮し選び、裁断デザインは、シンプルに張ったときにより美しく、風が流れるようにテンマクの開発陣とセッションし決定した。ビーチなどで風や日差しを避けられるようになっている。

¥16,800+ 税