tent-Mark DESIGNS
はじめてのサーカス― 自分にピッタリのモデルを見つけよう ―

魅力がいっぱいのサーカスシリーズ!もっとサーカステントのことを知っていただきたい。
サーカステントのおすすめポイントや、どんなモデルがあるのかを詳しくご紹介していきます。

(720シリーズを除く)

サーカステントって何がいいの?

ワンポールだから設営・撤収がラクラク!超簡単!

基本的にメインポール一本で建つ構造のため「このポールはどこのポール⁉どこにさすの??」など初心者の方でも悩むことがありません。専用の設営ガイドが付属で、ペグ位置も迷わず打てます。

雰囲気◎見た目がシンプルでオシャレ!

シンプルな形状とカラーの三角テント。自然の中でもなじみが良くコーディネートを邪魔しないカラーリングだから、お気に入りのキャンプ道具との相性も抜群!

オススメ基本スタイル

床無しで靴のまま過ごすラクラク コットスタイル

いちいち靴の脱ぎ履きをしなくてもいいので楽!
とにかく過ごしやすく、一度やったらやめられないスタイル。

※虫が多い時期や虫が苦手な人の就寝時対策としてコットやインナーテント(蚊帳)の併用が一般的。

オプションのインナーテントで寛ぐゆったり お座敷スタイル

テントといえばお馴染みのこのスタイル。
インナーテントの中で安心して過ごすことができます。
小さいお子さんがいるファミリーや、泊まる人数が多い時にオススメのスタイル。


あなたにピッタリなモデルは?

ここからは実際に選ぶ際にポイントとなる、テントのサイズ、テントの形、素材について詳しく紹介します。

その1サイズ・大きさで選ぶ

サイズは4種類。基本は参加する人数を目安に。ゆったり過ごしたい場合はワンサイズ大きいモデルもおすすめ。

サイズ・大きさで選ぶ サーカス TC コンフォート ソロ サーカスTC+ サーカスTC DX+ サーカス TC コンフォート レギュラー サーカスTC DX MID+ サーカス TC コンフォート ミッド サーカスST+ サーカスST DX+ サーカスTC BIG サーカスTC BIG+

その2形状・スタイルで選ぶ

TC+・ST+、DX+、コンフォート、BIG・BIG+の4種類

かたちの種類
TC+・ST+
出入口2箇所のシンプルなワンポールテント
DX+
片方の入り口にサイドフラップ(赤い部分)を装備。キャノピーポール付属されており前室を広くすることが可能
コンフォート
DX+のかたちはそのままに、メッシュ窓付きの前壁(赤い部分)があるタイプ
BIG・BIG+
5箇所の下部にベンチレーター、上部(赤い部分)も開放可能

サイドフラップがあるモデルは、フラップをタープのように張れるので、別でタープを用意しなくとも快適に使えます!

その3素材で選ぶ

サーカスシリーズの素材は2種類。(2023年10月現在。旧モデルは除く)。選ぶポイントは使うシチュエーション。

TCシリーズ 年中快適!

メイン生地:コットン混紡生地(TC)ポリエステル65% コットン35%(表面撥水加工)

ポリエステルの速乾性、コットンの遮光性と通気性を兼ね備えたいいとこどりの素材。
結露しにくい。雨でも中に水は漏ってきません。コットン混紡なのでナチュラルな雰囲気。
一年中快適に使いたい方や、テントの近くで焚火をしたい方におすすめ

STシリーズ 軽量重視!

メイン生地:ポリエステルリップストップ150D(表面撥水加工、裏面PUコーティング)

軽量で耐久性、耐水性に優れる素材。もちろん雨でも大丈夫です。TCモデルと比べて価格が安い。
冬以外の時期に使う方におすすめ


オプションがあればさらに快適!
モデルが決まったらオプションでさらに快適に!

参考例シチュエーション別おすすめアイテム

5人家族(子供3人、10歳・7歳・2歳)

  • 子供がまだ小さいのでお座敷スタイルで過ごさせたい
  • 人数分のコット(ベッド)を用意するのは困難
  • ちょっと寒い時期にもキャンプをしたい
  • 虫刺されが気になる
  • 焚火やバーベキューをしたい

おすすめセレクトアイテム

(インナーマットは就寝用ではございません。就寝用のマットは別途ご購入下さい)

大人2人

  • 靴の脱ぎ履きが面倒
  • コットスタイルで過ごしたい
  • 虫が気になる
  • メインは春夏秋のあまり寒くない時期
  • 価格を抑えたい
  • 重さは軽い方がいい